横浜市戸塚区のNPO法人活動ホームしもごうのホームページへようこそ!

概要・沿革

活動ホームとは

障害者地域活動ホームは、1980年(昭和55年)に創設された横浜市独自の制度で、地域で暮らす障がい児者や、その家族の地域拠点として多様な機能を果たしています。

暮らしに必要なサービスを生み出し、日中活動生活支援、地域交流事業を展開するとともに、地域訓練会をはじめとする地域の障がい者団体やボランティア団体の活動を支援しています。

障がい児者や家族にとっては「暮らしを支援してくれる場」であると同時に年齢や障がいを問わずに利用できる、仲間たちと出会える、地域との交流ができるという「身近な場」としての意義も重要です。

また、「障がい児者団体の活動拠点」としても機能しており、横浜市の施策上、たいへん重要な役割を果たしています。

 

しもごうの主な活動

日中活動(生活介護、地域活動支援センター・デイサービス型)

活動ホームしもごうではハンディキャップがあるメンバーがスタッフとともに様々な活動をしています。
すべての活動を通じて、一人一人のメンバーがキラキラと輝くことをめざしています。

  • 自主製品作り(お菓子、手すき紙製品、ビーズ製品)
  • 企業の下請け作業
  • 運動・健康づくりプログラム(ダンス、体操、健康相談など)
  • 日常生活スキル向上プログラム(調理、外食、買い物など)
  • プランター園芸(花、野菜など)
  • レクリエーション(カラオケ、外出、一泊旅行など)
  • 送迎サービス
  • 給食

 

生活支援事業

  • 一時ケア事業
  • ショートステイ事業
  • 余暇活動支援事業

 

地域交流事業

活動ホームしもごう・第2しもごうでは"街の中で、障がい者があたりまえに暮らす"ことをめざし、和室や訓練室を地域の団体、グループなどに貸し出したり、活動ホーム主催のお祭りを毎年行うなど、地域交流を積極的に展開しています。

  • ボランティアの受け入れ
  • 地域のイベント・バザーなどに参加
  • 自治会・町内会や地域の団体とともに“しもごうまつり”を開催
  • 近隣の保育園、小学校、企業、老人福祉施設などとの交流
  • 近隣の小・中学校、企業からの体験実習の受け入れ
ポチ袋しもごうまつり カレンダーその他
1月最後の日曜日、地域の皆さんが盛り上げてくださる、しもごう最大の行事です。 地域のイベントやバザーなど、積極的に参加しています。

しもごうの施設案内

施設平面図